歩くと足がつってしまう症例80代女性   2020年2月17日〜


< 主訴   >

腰から左足にかけての痛み  歩いていると左足がつってしまう。

また左膝の痛みもある。

2019年の12月頃からでてくる

特に疲れた時につりやすい

 

便通  便秘になりやすい

小便  夜間排尿2回あり

頻尿  腎臓の持病あり

眠りは浅い

 

病院では坐骨神経痛と診断される

腎臓の持病がある

 

初診治療   

足のむくみが強い

カラダ全体にねじれがある

左臀部と外側にハリ強い

〈治療〉

下腿のむくみが強いため 弱めのお灸と温灸器でツボに刺激

腰の鍼灸治療

 

 

2回目治療

カラダのねじれが前回より改善している

 

〈患者さんにアドバイス〉

むくみが強いため冷やさないようにレッグウォーマーをつけてみては

ストレッチ膝が曲がっているため、膝のストレッチを指導

 

 

3回目治療

患者さんから腰が楽になってきたとのこと

痛みが左足下腿の外側になってきた。

レッグウォーマーと腹巻をつけるようにしている

 

4回目治療

〈患者さんから〉

つらなくなってきた

歩いていると左足外側がはってしまう。

 

カラダ全体のねじれがなくなってきている

下腿のむくみも少ない

膝も伸ばし切れるようになる

 

 

 5回目治療

〈患者さんから〉

歩いていると左足の外側がつっぱり感が出てくる

つったりはしない

 

 

足のむくみがとれてきてスッキリしてきた。

左股関節動きの悪さあり

 

 

6回目治療

〈患者さんから〉

痛みがお尻だけになってきた

つらなくなった

レッグウォーマー、腹巻をつけて冷やさないようにしている

 

<治療>

治療は腰部、仙骨部を中心に行う

鍼治療の後にも腰部、仙骨にもしっかりと温灸をする

6回目までの記録です。

歩いているとつってしまうということでしたが、

鍼灸治療4回目から足のつりは無くなったようです。

ただ歩いていると足の張り感を感じるということから、

続けて鍼灸治療は続けていただいていました。

 

足のむくみ感がありましたので、足を冷やさないように

ご自身でレッグウォーマーをつけたり、

腹巻をつけたりしていただきました。

また、ひざの裏が伸びきらないようでしたので、

ストレッチもセルフケアで頑張っていただきました。

 

その成果もあり、足のむくみ感がどんどん良くなってくるのを

私も患者さんも感じました。

よかったです^^

 

 

今は痛みがお尻だけになっています。

冷やさないように注意しながら一緒にケアしていきましょう。

 

 

 

 

 


肩から肘のしびれの症例  2020/5〜

70歳代 男性


右肩から肘、指までのしびれ   の症例

2020.5.23から治療開始    70代男性     

 

症状 

右肩の後ろの方から肘にかけてしびれ、指もしびれている。

右肩のコリ

自粛でカラダを動かさなくなった頃から

食事は3食食べている

食欲がない

持病ありで肩がこりやすい

 

治療1回目

肩周り、首の前、首の付け根のこり、硬さあり。

指先、足先の冷えあり

足のハリお灸   肩首周りマッサージ  背中のハリ

治療後は脈も落ち着いて、お腹のハリもよくなっていた。

 

治療2回目

〈前回の治療の後の患者さんの声〉

まだしびれはあるが、全体的に楽になった。

肩の後ろの痛みは無くなった

〈治療〉

手足のお灸、ハリ  肩首周りをマッサージと温灸をする

背中腰のハリ治療

 

治療3回目

〈患者さん〉

しびれは無くなった  治療して3日目くらいからこってくる感じがする

 

 

治療4回目

〈患者さん〉

しびれは出ていない。

肩のこった感じはする

 

〈治療〉

持病をお持ちの方のため肩のハリはなかなか持続ができないが、

初回と比べるとかなり全体的に筋肉、皮膚と柔らかくなってきている。

爪の色や、皮膚の色もよくなっている