子供の健やかな成長に 小児はり

◉神経系は5歳までに80%成長する

子供は生まれてから12歳までに体の成長と共に様々なところで著しく成長します。

『スキャモンの発育曲線』という図があります。

 

生まれてから急激に成長していくのが神経系の発達です。

5歳までに80%成長します。

この時までに皮膚から感じる刺激や情報を脳に送るという神経系の発達を促すことで

子供の成長や発達を促していきます。

またここ最近では皮膚やツボを刺激することで内臓に作用したり、

ホルモンを出す作用もあると論文発表されています。

まだまだ研究段階のツボや鍼灸は体を整える方法として日本だけでなく海外からも選ばれています。

 

◉軽い刺激で刺さないから効いてくる

大人がする刺激の鍼治療とは違い、子供の場合は皮膚をさするように、または軽くタッチするように施術をしていきます。この軽い刺激がリラックス効果をもたらします。リラックスすることでオキシトシンを分泌します。

◉成長に合わせて体の不調も変わってくる

お父さんお母さんは生まれて大人になるまでどんな症状で悩まされましたか?

月齢や年齢によってもなりやすい病気や症状があります。

 

<0〜1歳くらいのお子さん>

鼻詰まり、母乳を飲まない、夜泣き、癇癪、下痢や便秘しやすいなど、乳吐き

 

<1〜2歳くらいのお子さん>

気管支炎 風邪をひきやすい、なかなか寝ない、

下痢、便秘しやすい、落ち着きがない、中耳炎

いやいや期、    

 

 

◉お子さんは成長に欠かせない4つのポイントを見てみよう

お子さんの成長で重要なのがこの4つのポイントです。

こちらがしっかりとできていることで自律神経が整い、病気しにくい、病気をしても治りやすい子に成長していきます。

いろいろ心配事はたくさん出てきますが、

お子さん自身が乗り越えられるように見守ることも必要です

日常的にこの4つをサポートして元気に成長していって欲しいですね。


1、食事をしっかり食べているか?

         食事は生きていく上で欠かせないことです。食事の状態によって体が変わってきます。お子さんの場合は体が未熟で不安定ですので、食事がしっかりととれていないと影響はすぐに現れやすいです。特に皮膚の弱い子にとってはしっかりとタンパク質をとって、胃腸に負担のない小麦は控えめにしましょう。

 

元気に過ごすためにもしっかりと食べることは大事ですね

 

2、便はどうか?いいうんちが出ているか?下痢気味?便秘気味?

 食事が口から体の中をとって便として出てくるですが、

便は腸の状態を表しています。

 

 

3、睡眠は取れている?

       

赤ちゃんはまだまだ昼と夜のリズムが整っていないため、夜は寝ていられないことが普通です。。月齢によって夜泣きの対処方法が違います。睡眠を取るにはまずはリラックスや力が抜けることが必要です。

小児はりは緊張をとるように治療していきます

 

 

 

4、発散時間が取れているか?

お子さんが夢中になれることをやれているかどうかみてみてください。

年齢+1時間くらいの時間を見てください。

最大4時間です。また発散は泣くことも発散時間になります。

特に夕方に泣きやすい子は昼間に発散できなかったエネルギーを

発散する最後のチャンスと思ってください。夕方にしっかりと泣かせて夜しっかりと寝てもらいましょう

 

赤ちゃん、子供は自律神経が乱れやすい

赤ちゃんは何もかもが初めてのことですので

体が緊張しやすい状態になります。

普段と慣れないことをしたり、遠くにお出かけしたりすると

途端に体が緊張状態になったりします。

 

そんな時はまた自律神経が乱れて緊張状態が続いてしまう時があります。


小児はりについて

小児はりは指さない鍼を使用していきます。

お子さんはとても敏感なため、

刺激は最小限で治療を行います。

 

肌を触ると言うより

触れるか触れないかの刺激になります。

痛みはありません。

 

一度お母さん、お父さんに体験していただき納得した上で

お子さんに治療を行なっていきますので、

気になるかたはご相談ください。

 

 

又、お子さんは

環境にも敏感に反応してしまいます。

 

通常の生活に戻ったり、

環境の変化によって

体も敏感に変化します。

 

また元気な時も小児はりを受けておくことをお勧めします。

1ヶ月に一度の単位で定期的に小児はりを受けておくと

子供自身も身体の調子が整いやすいため

風邪をひいた時、体調不良の時も悪化しづらく改善のスピードが早くなります。

 

 自律神経を整えるのが小児はりでは得意です。

自律神経は1日では改善したとは言いにくいため、

短期間というより

3ヶ月以上の期間を見ていただきます

 

特に体質改善の

アトピー性皮膚炎などの皮膚の症状や

喘息の症状などは

1年単位で通っていただくようにお願いをしています。

 

 

 




お子さんと関わり方や接し方でのポイント

お子さんは成長段階でココロもカラダも不安定

「〜しないように」を言い換えて話してみよう

『〜しないように』を言い換えて肯定語で接するようにすると意外にも

素直に聞いてくれます。

 

  〜してはいけない

  〜しないで

 

とお子さんに伝える時にいいやすいのですが、

否定語は理解できないのです。

してはいけないイメージしか思い浮かばないんですね。

してほしいことを肯定語にしてみてください

 

 ✖︎走らないで        ○歩いてね

 ✖︎大声出さないで   ○口を閉じてみよう

 ✖︎ケンカしないで    ○仲良くしよう

 ✖︎忘れ物をしないように ○覚えておこう

 

など少しづつ肯定語に言い換えて普段から伝えてみてください。

 きっとお子さんの反応が変わってきますよ

 

 

②お子さんの安心地帯を作ってあげる

お子さんは

成長と共に外の世界を知ってそれによりどんどん成長していきます。

 

全ては初めての世界になっていくので、お子さんにとっては全て緊張の時になります。

違う世界で緊張した経験はずっとでは疲れてしまいますね

安心してリラックスする場所が必要です。

それがお母さんやお父さん、家族や家になります。

 

受け入れてあげる、安心して自分がいれるところがあることによって、お子さんはまた挑戦ができるようになります。お母さんの余裕がある時は受け入れてあげるようにお子さんと接していきましょう。

 また、言葉でお話ができなくてもぎゅっと抱きしめてあげるだけでも安心できます。

お子さんとのコミュニケーションとしてしてみてください

 

③お子さん自身で行動する時を待つ

子供の能力、才能を最大限に発揮するためにどう接したらいいでしょうか?

 

わからない。

できない。

という言葉を

まずは言い変えてみましょう

 

❎わからない→🟠今は考えたくない

 

❎できない→🟠今はやりたくない

 

 

 

 

『人は変えられない』

という考えもあります。

 

お子さんも同じです。

 

まずはママから言い変えてみてください。

 


◉夜泣きについて

お母さん、お父さんにとってとても大変になるのが夜泣きです。

1時間ごとに泣く。全然寝ない。という子もいて周りの人がぐったりすることが多々ありますね。

年齢によって夜泣きの意味が変わってきますのでうまく付き合っていくためにも知っておくといいかと思います。

 

<0〜2ヶ月の夜泣き>

0〜2ヶ月の赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいたときの名残りとも言われています。

昼間のリズムができていません。ですので連続して寝れないことが通常です。

この時期はお母さんは赤ちゃんのリズムと同じように昼間でも寝れる時に寝て過ごしてください。

 

<5〜6ヶ月の夜泣き>

 本格的な夜泣きはこの時期から出てきます。

 

泣き方も観察してみてください。

寝ながら泣いているもあります。泣いたからといってすぐに抱っこしないでみましょう

 

この時期からは昼の発散時間をしっかり作っておくように意識していきましょう。昼の発散時間をしっかり作ってあげることで夜の時間が休めるようにリズムができていきます。

 

黄昏れ泣きは

絶好の発散時間となりますのでしっかりと泣いてもらうことで発散することができます。

<8ヶ月〜1歳前>

感情がでてくる時になります。ままや周りの様子を見ながら泣くことも。

どんな泣き方をしているのか、少し様子を見ながら対応していくように心がけていきましょう。


<夜泣きの次回来院のタイミングとしては…>

<夜泣きの次回来院のタイミングとしては…>

 

小児はりの効果がその子によって効果の継続の期間が違います。

治療してからその後の効果や状況を聞き取り、

次回来院は効果が切れる前に来院をしていただくようになります。

 

毎回状況をお聞きしていきます。

継続して治療を続けていくうちに小児はり持続時間がみるみる伸びていきます。

 

小児はりをしている期間でも

  • 風邪をひいたり、
  • 外出したり
  • 喜びすぎたり
  • いつもと違う環境になると

夜泣きが出ることがあります。

 

 

 


◉チック症について

<チック症とは?>

『突発的、急速、反復的、非律動的、常同的な運動あるいは発声』

と言われています。

成長期のお子さんによくみられる症状です。

4歳〜11歳頃に発症、

年長さんから小学校入るくらいの子が多いです。

特に男の子に多いと言われています。

 

反復されることはあってもほとんどが一時的であります。

 

 

チック症

には2種類あります

①運動チック…

    まばたき

    肩をピクッとさせる

    口を曲げる

    首を曲げる

    腰を上げる  など

 

②音声チック…

    風邪ではないけど咳払いをする

    舌を鳴らす

    鼻を鳴らす

    叫びや単語を連呼する

 

などがあります。

こちらはお子さんの成長と共に消えていきます。

心と体の成長段階と捉えてください。

 

 

チックの症状も含めてお子さん本人全体を見て成長を見守りましょう。

お子さんは言葉でない無意識の空気をとても感じやすいです。

全く無視するのでもなく、叱るのでもない

症状に囚われすぎないように見守る姿勢が重要です。

 

 

改善の仕方は人それぞれです。よくなったり悪くなったりと生活状況によって変わります。

その子の成長を見る、お子さんの全体を見る、お子さんの目を見るを意識してみていきましょう

 

お母さん、お父さんの気持ちや行動の大事

お子さんはお母さん、お父さんの様子や気持ちをすぐに感じ取れます。

お子さんの治療も大事です。

お母さん、お父さんが楽になることも同じように大事になります。

ぜひ鍼灸治療頼ってくださいね。